段階的に等速拡大を行う効果をカスタムエフェクトで定義しました。
『前半時間差、後半時間差系の等速移動変化属性』でx軸と拡大縮小率を操作するのがポイントです。エフェクト前半ではx軸の移動のみ、後半は拡大のみという時間差を使ったものです。退場時の画像のx軸の移動量を登場時よりも多めにすることで、遠近感が得られます。
カスタムプラグイン、カスタムエフェクトの詳しい利用方法はELZのFPEマニュアルを参照して下さい。

テロップ画像(Flash表示領域中央のタイトル用画像)

Flash表示領域中央のタイトル用画像

背景画像(背景画像)

背景画像

スライドショーで利用する画像の縮小イメージ(それぞれ130x130px)

スライドショーで利用する画像の縮小イメージ

FPEに読み込ませる定義ファイル(xml)のサンプル


<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<pagedata>
<common>

    <copyright>elz.jp</copyright>

    <banner_align>9</banner_align>

    <image_max>4</image_max>

    <prefix>images/cube</prefix>

    <effect_type>in,out</effect_type>
    <effect_time>30</effect_time>
    <stop_time>0</stop_time>

    <base_mode>5</base_mode>
    <align_mode>5</align_mode>
    <zoom_mode>0</zoom_mode>

    <plugin_blend_mode>overlay</plugin_blend_mode>
    <plugin_align_mode>5</plugin_align_mode>
    <plugin_effect_type>fe_none</plugin_effect_type>
    <plugin_url>images/title001.jpg</plugin_url>
    <background>images/bg_green2.jpg</background>

    <bg_effect>23</bg_effect>

</common>

<effect>

    <in  layer="0" x="101,270,540"  y="0,150" xs="201,100,50" ys="201,100,50" bright="101,0,-100" alpha="102,100,0" />
    <out           x="101,-270"               xs="201,200"    ys="201,200"    bright="201,100"    alpha="231,0" />

</effect>

</pagedata>