表示領域中央部は明るく、外周は暗くなるようにしています。
スライドショーで表示させる画像数枚、背景となる青をベースとした画像、陰影効果用フィルタ画像を用意します。
陰影効果フィルタとして利用する画像は、540x300の矩形画像にグレイスケールの筒状グラデーションを描画したものです。

このサンプルでは3枚の画像を左から右へ若干回転させながら移動させることで擬似的な立体感を出しています。このスライドショーに、『陰影効果』画像をブレンドモード『multiply』で重ねることで左奥から画像が登場し、右奥へ消えていくように見せかけています。
筒状に見える青をベースとした背景画像を用意することで立体感を強調しています。

カスタムプラグイン、カスタムエフェクトの詳しい利用方法はELZのFPEマニュアルを参照して下さい。

筒状陰影効果用フィルタ画像

筒状陰影効果用フィルタ画像

背景画像

背景画像

スライドショーで利用する画像の縮小イメージ

スライドショーで利用する画像の縮小イメージ

FPEに読み込ませる定義ファイル(xml)の例


<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<pagedata>
<common>

    <copyright>elz.jp</copyright>

    <banner_align>3</banner_align>

    <image_max>3</image_max>

    <effect_type>in,out</effect_type>

    <effect_time>60</effect_time>
    <stop_time>0</stop_time>

    <base_mode>5</base_mode>
    <zoom_mode>0</zoom_mode>

    <prefix>images/wave</prefix>

    <plugin_effect_type>fe_none</plugin_effect_type>
    <plugin_blend_mode>multiply</plugin_blend_mode>
    <plugin_url>images/filter007.jpg</plugin_url>

    <background>images/filter007_bg.jpg</background>

</common>

<effect>
    <in  x="21,270,0" y="11,150,0" xs="21,100,0" ys="11,100,0" rot="1,0,45" />
    <out x="11,540"   y="21,0"     xs="11,0"     ys="21,0"     rot="1,-45" />
</effect>

</pagedata>