GoogleデスクトップをインストールしたPCのリソースを他のマシンから参照できるという情報があり早速試してみました。
『Googleデスクトップサーチで全文検索サーバを公開』で詳細な説明があります。

今までnamazuをサーバに設置してPHPのマニュアル等の検索に利用していました。
2,3年前?くらいのマニュアルだったので、最新版をダウンロードしてインデックスの再構築を行ったんですが、文字化けしてしまいました。
調べてみるとPHPマニュアルがUTF-8であったこと、私のNamazuではUTF-8に対応させる為にいろいろとしなければいけないことが判りました。
そこでもっと簡単に対応できないか?と検索していたらGoogleデスクトップの共有という方法を試行した次第です。

DNKA Optionsの画面で『Users』をクリックし『Change Pathes:』欄に以下の様な記述を追加しました。
このように設定することで、指定したディレクトリの情報はhttp://yourdomein/*という形でアクセスすることができます。

GoogleデスクトップとDNKAの組合せはとても便利です。
NamazuにはNamazuのいいところがあるので、もう少し簡単にUTF-8対応ができればなぁと思う次第です。