球形グラデーションが描画された画像(300x300px)の拡大縮小効果をカスタムエフェクトで定義しました。

Flash表示枠中央で回転させています。登場画像は2.25回転(810度)し、退場画像は2回転(720度)します。ブレンドモード(blend_mode)をaddとすることで、登場画像と退場画像の黒(#000000)部分が擬似的に透過となります。回転数と拡大縮小率に微妙な差を設けることで登場画像と退場画像合成時にクロスして見える感じになります。
幾何学的な画像は適当に変化種別を組み合わせることで予想もしない動きになったりします。

画像さえ準備できればカスタムエフェクト定義はとてもシンプルです。短時間で作成できるFlashループ素材としてお勧めです。

カスタムプラグイン、カスタムエフェクトの詳しい利用方法はELZのFPEマニュアルを参照して下さい。


カスタムプラグイン画像(タイトル画像)

カスタムプラグイン画像(タイトル画像)

背景画像

背景画像

スライドショーで利用する画像の縮小イメージ

スライドショーで利用する画像の縮小イメージ

FPEに読み込ませる定義ファイル(xml)のサンプル


<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<pagedata>

<common>

    <copyright>elz.jp</copyright>

    <banner_align>3</banner_align>

    <image_max>3</image_max>
    <prefix>images/loopg</prefix>

    <effect_type>in,out</effect_type>
    <effect_time>30</effect_time>
    <stop_time>0</stop_time>

    <align_mode>5</align_mode>
    <base_mode>5</base_mode>

    <zoom_mode>0</zoom_mode>
    <blend_mode>add</blend_mode>

    <plugin_url>images/title001.jpg</plugin_url>
    <plugin_effect_type>fe_none</plugin_effect_type>
    <plugin_align_mode>5</plugin_align_mode>
    <plugin_base_mode>7</plugin_base_mode>

    <plugin_blend_mode>hardlight</plugin_blend_mode>

    <background>images/background.jpg</background>
    <bg_effect>1260</bg_effect>
    <bg_time>30</bg_time>


</common>

<effect>

    <in  xs="304,50,100" ys="302,50,100" x="0,270" y="0,150" rot="21,810,0" alpha="11,100,0" />
    <out xs="304,50,100" ys="302,50,100"                     rot="11,720"   alpha="21,0" />

</effect>

</pagedata>