円形画像を左右交互に拡大縮小する効果をカスタムエフェクトで定義しました。
540x300pxのFlash表示枠中に、円形に加工した画像(260x260px)をzoom_mode:0(オリジナルサイズ)で動作させています。登場画像は0%から100%サイズへ拡大、退場画像は100%から0%のサイズへ縮小、さらに360度回転させることで2つの画像が作用しあっているように見せています。

扱っている画像は矩形のJPEG画像です。円形部以外の箇所は黒(#000000)となってますので、ブレンドモード『screen』で擬似的に黒を透過として扱っています。もちろん透過PNG等で画像を用意することでブレンドモード指定は不要です。

カスタムプラグイン、カスタムエフェクトの詳しい利用方法はELZのFPEマニュアルを参照して下さい。

テロップ画像(Flash表示領域中央のタイトル用画像)

Flash表示領域中央のタイトル用画像

スライドショーで利用する画像の縮小イメージ

スライドショーで利用する画像の縮小イメージ

FPEに読み込ませる定義ファイル(xml)のサンプル


<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<pagedata>

<common>

    <copyright>elz.jp</copyright>

    <banner_align>3</banner_align>

    <image_max>3</image_max>
    <prefix>images/circles</prefix>

    <effect_type>in,out</effect_type>
    <effect_time>60</effect_time>
    <stop_time>0</stop_time>

    <align_mode>5</align_mode>
    <base_mode>5</base_mode>
    <blend_mode>screen</blend_mode>

    <zoom_mode>0</zoom_mode>

    <plugin_url>images/title001.jpg</plugin_url>
    <plugin_effect_type>fe_none</plugin_effect_type>
    <plugin_align_mode>5</plugin_align_mode>
    <plugin_base_mode>7</plugin_base_mode>

    <plugin_blend_mode>overlay</plugin_blend_mode>

    <play_mode>1</play_mode>

</common>

<effect>
    <in  rot="11,-360,-180" xs="11,100,0" ys="11,100,0" x="11,270,400" y="0,150" />
    <out rot="11,180"       xs="11,0"     ys="11,0"     x="11,140"      />
</effect>

</pagedata>